FC2ブログ

スイショードー ★最新情報★

http://www.suisho-do.jp 新商品の情報や、セールのご案内など お役立ち情報を発信いたします。 また、お得なポイントがゲットできる「合言葉」を 確認して下さい。

冬場に多い「ソーラー式時計」のトラブル

時計に関するスイショードーのホームページはここをご覧ください。

お車の方は、コインパーキング(隣の花屋さんの隣)をご利用ください。(無料券をご用意してます。)


営業時間 AM9:30~PM7:00   
TEL 04-2949-3380
定休日は 毎週水曜 と 第2火曜 (第2は 火水 連休) 

======*========*========*========*========*========*=======

「ソーラー式時計」 のトラブル解消

近年、すっかりソーラー式時計が定着してきました。

しかし、増えるにつれて問題も多くなってまいりました。
止まる、遅れる、と言うトラブルです。
この原因は殆どが光不足、すなわち充電不足です。

このような、小針の多針の時計もソーラー式になっています。
DSCF1120.jpg

時計は、文字盤その物がソーラーパネルになっております。
DSCF1119.jpg

充分に充電されていれば、半年から1年間真っ暗闇でも動き続ける構造となっています。

冬場は、時計がお洋服に隠れていることが多く、時計に光が良く当たりません。

必ずしも満タンに充電されていることは、ほとんど無いことになります。

すなわち、充電量に対し消費量が上回ってしまうことになり、充電量はどんどん目減りしてしまいます。

気が付くと、時計が止まったり遅れたりということになる訳です。

特に、冬場は時計を意識的に太陽に当てましょう。

日光浴をさせましょう。

使わないときでも、昼間の窓辺に置くようにしましょう。

電球の明かりでも充電はいたしますが、太陽光にはかないません。

完全に無くなった電圧は、お天気の良い日の太陽光に一日中、文字盤を太陽に向けて当てるようにしますと、ほぼいっぱいの充電ができるようです。

いくら太陽に当てても過充電は起きないような構造になっているはずですから、意識的に明かりに当てるように心掛けたいものです。


蓄電池(二次電池)も劣化いたします。
すなわち、いずれ交換もする時期がまいります。
その交換時期は、今まで数多く見てまいりましたが、様々ですと言うのが正直なところのようです。

電池式を選ぶか、ソーラー式を選ぶかは貴方次第でしょうか・・・。


時計に関するお悩み、ご相談お気軽にどうぞ!!
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する