FC2ブログ

スイショードー ★最新情報★

http://www.suisho-do.jp 新商品の情報や、セールのご案内など お役立ち情報を発信いたします。 また、お得なポイントがゲットできる「合言葉」を 確認して下さい。

裏蓋の開け難かった腕時計

益々 多種多様になった 腕時計

電池交換のため とにかく裏蓋が開け難かった時計です
NIXON
画像 281
今までも このタイプの時計の電池交換をしたことはございましたが 今回のNIXONは特別でした
こういう時計のためにも 道具はいろいろ揃えてはおりますが 全ての道具を使い何とか開けることができました
キズを付けてはいかけないと 慎重には慎重を期しての作業でした



ロータリー
裏表 2つの時計 リバーシブルになっています
腕に着けたまま 12時方向を持ち上げて 6時側を中心にくるりと回転しますと 別な時計が楽しめるようになっています
画像 276
画像 277
両側の時計が止まって 電池交換です



DIESEL
こちらも 裏蓋を開けるのに一苦労しました
ネジ留めタイプですが 小さな+ドライバーの割には ネジがきつく閉まっていて 力が入れ難かった時計でした
画像 278
画像 280

最近の時計は デザインもさることながら ケースの構造も多種多様です
その割りに機械は 当たり前ですが似たり寄ったりです



腕からはみ出しそうな大きな時計
画像 259
女性用でありながら 男性以上の大きさ 遊び心で人気です



実用性の時計
手入れをしないまま使い続けて 随分とサビていました
画像 257
オーバーホールをして、リューズ、巻芯、パッキンも交換し、もちろん電池も交換し すっかり綺麗になりました



SEIKOスカイライナー
1960年代 SEIKOの代表的な手巻き腕時計でした
近年 このようなアンティーク時計の修理が増えています
画像 264
良い造りをしていますねぇ~
とっても 心地良い音で時を刻んでいます



ブランド専用のバンド交換もいたします
スント下線文
画像 265
革バンド形式のバンドを 中程で三つ折れ式(金属タイプで一般的)に交換しました



ディオール
止まりで オーバーホールです
画像 260



SIEKOシルバーウェーブ
水が入って オーバーホールです
画像 261

これから梅雨時は 水や雨に濡らさないように注意したいですねぇ~
防水時計といっても ず~と防水性が保たれるわけでもありません
2~3年毎に パッキンや部品の交換が必要です
それでも 時計のケース本体がゆるくなって 部品を交換しても防水性を発揮しないこともございます
そうなると 水や雨に濡らさず使うことです

時計は精密ですから 湿気は大嫌いです
水が入ったと思ったら 直ぐにお持ちください
時計によっては 数時間でサビてしまうものもございます

時計に関するご相談 お気軽にどうぞ!!
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する