FC2ブログ

スイショードー ★最新情報★

http://www.suisho-do.jp 新商品の情報や、セールのご案内など お役立ち情報を発信いたします。 また、お得なポイントがゲットできる「合言葉」を 確認して下さい。

昔、懐かしボンボン時計

ホームページ上の「QRコード」を“パシャッ!”
腕時計の電池交換割引券がゲットできます。
そのまま、店頭でご提示くださればOKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チョコチョコ、持ち込まれるレトロな時計!

今回の時計も、かなりレトロです。
戦後間もない、昭和20年前半の物と思われます。
画像 095

画像 092

少し前までは、田舎などに帰ると、代々続いているお家などで見かけたものでした。
また、今でも昔懐かし素朴さを売りにしている、おそば屋さんなどで見かけることもあります。
そういう物も、よーく見ると昔風に造られた現代の物であったりもします。

今回のボンボン時計は本物です。
1週間巻きです。
手巻式にも、1週間から1ヶ月巻までありますが、こまめに巻くほど年代物ということになります。
時を打つボーン、ボーンが何とも云えず、哀愁というか心に響きます。
専門家が云う、渦巻きボンボンだからこそ漂う音色です。

修理にも手間がかかります。
なんとも、強く太いゼンマイで、ある意味では強引に歯車を回転させる構造になっていますから、
機械も、永い年月動き続けた証拠に、摩滅も相当なものになって歯車同士噛み合わせがガタガタになっています。
勿論、部品などの在庫はありませんから、作ることもありますし、代用品を擦り合わせのこともあります。
そのガタを直さないことには、ゼンマイのエネルギーが上手く歯車に伝わらないのです。
ほとんど物が、何とか復活をするものです。

手間のかかる仕事ですが、心地良い音で動き始めた時は、疲れを忘れます。
近年、こんな時計を直せる方も少なくなったようで、今回も、お知り合いを通して山梨県の方です。

古い時計を、直してみたいと思ってらっしゃる方、少々期間を頂きますがご相談ください。
最近、SEIKO時計さんでも受付を始まったりしています。
SEIKOさんは、そんなに古い時計を直そうとするのは、趣味の世界というのか高額です。
私は、なるべく安価での対応をしています。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する